通院で発生する交通費を控除する方法とは?

確定申告の一つ医療費控除についての詳細サイト

医療費控除の対象となる様々な交通手段と申告の仕方

医療費控除の申告方法。
その中で交通費も控除できるのでしょうか?
また、その方法とは?
医療費控除、つまり、確定申告の一つですね。
まず確定申告とはどういうものか、確定申告の基礎知識をお教えします。

確定申告とは、年間の税金をある時期に申告することです。
該当する期間は1月1日~12月31日の一年間。
この一年間の収入分の税金額を、翌年に申告します。
申告時期は、収入のあった翌年の、2月16日から3月15日までになります。
この確定申告の内容で、来年の住民税・国民健康保険料が確定します。
住民税が安くなることも。
さらに、税金が戻ってくることも。つまり、お金が戻ってきます。
余分に取られた税金を取り戻すことができるのです。
こういうわけで、確定申告をやることで、様々なメリットが生じます

ですから、確定申告はぜひともやっておくべきなのです。

ここで、確定申告が必要な場合とは、どのような場合があるでしょうか。
医療費控除等、会社で年末調整をしない場合、年金・退職金・事業所得、など。

確定申告の場所は税務署ですが、1月1日住民票にある自治体内の税務署となっています。実際に住んでいるところの自治体というわけです。

もし、分からなければ、国税庁のホームページをご覧ください。各都道府県に所在している税務署を知ることができます。

最近では、窓口に行かなくても郵送で提出する場合や、e-Taxといってパソコンで作成する申告方法もあります。
e-Taxの詳細も国税庁のホームページにありますので、ご確認ください。

確定申告を詳しく知ろう!

交通費も医療費控除の対象となることをご存じでしょうか?確定申告すれば、様々なメリットが生じますので、この際、きっちり交通費分も申請しましょう!対象となる交通手段を知っておきましょう。しかし、公共交通機関だと、領収書がないことがありますね。でも、大丈夫なのです。

医療費控除対象の交通手段と申請方法

医療費控除対象の交通手段は、調べるとなかなかあるものです。対象になるかならないか、きちんと調べ、確定申告時に申請すべきでしょう。そして、交通費控除の確定申告時の申請のやり方を知っておきましょう。領収書は取っておくべきですが、最近では申請方法が簡略化され、とても簡単になっています。

簡略化された手続きを知る!そしてこれも控除の対象に

簡略化された手続きをきっちり知っておきましょう。厚生労働省HPをご覧になると良いでしょう。ほかにも、タクシー代は医療費控除の対象になるのでしょうか?これがシチュエーションによりけりですので、詳しく知っておきましょう。当てはまれば、医療費控除の申請が出来ます。薬局で購入したお薬も医療費控除が可能です!