確定申告の一つ医療費控除についての詳細サイト

確定申告を詳しく知ろう!

医療費控除は病院代やお薬代だけではない

確定申告の一つ、医療費控除。
医療費控除の対象である医療費は、病院や薬局でかかった診察代や治療代、薬代になります。
一年間にかかった医療費の領収書をまとめ、税務署に申告します。
この時に、通院で発生する交通費も、医療費控除の対象になるものがあります。
つまり、この場合の交通費は医療費控除の対象になりますので、申請しなければいけません。
診察、また治療の通院のためにかかった交通費はありませんか?
通院で発生した交通費も医療費控除として申請できるかも知れません。
どのような場合であれば申請できるのでしょうか。
そして、交通費ですと領収書がないことが大半ですので、その場合の申告方法や書類の書き方など、知っておきましょう。

控除対象となる様々な交通手段を知ろう

電車は領収書を発行できますが、いちいちそうすることも出来ないのが現状。さらに、今はICカードを利用することが多く、領収書の発行は難しいものがあります。
バスの場合も領収書はありません。
しかしながら、領収書が無くても大丈夫。
領収書の代わりに、自己申告するだけでOKなのです。
公共交通機関なら控除の対象となります。
自己申告だけで問題ありませんが、なるべく領収書はもらっておきましょう。
以下、所得税法による控除対象の医療費について。
「診察などを受診するための通院費や医師などの送迎費。入院・入所の対価として払うべき部屋代や食事代の費用。医療用器具等の購入代やその賃借料または使用のための費用。風邪薬などの医薬品の購入代。ほか。」


この記事をシェアする