確定申告の一つ医療費控除についての詳細サイト

医療費控除対象の交通手段と申請方法

様々な交通手段があるけど控除できる?

飛行機・新幹線。
遠方の医療機関でないと治療が不可能な場合のみ、認められます。海外の場合も、渡航費用が控除対象となります。ただし、宿泊代は対象となりません。
定期券の区間を使った場合の電車代。
差し引くべきという決まりはありません。ですから、申請しても構いませんが、定期券を使用し切符を購入していない場合の嘘の申告は、税務署ですので、すぐに気づかれてしまいます。
駐車代、ガソリン代。
自家用車の駐車代やガソリン代は医療費控除の対象にはなりません。
交通費の医療費控除の対象となる人。
原則として本人のみ。ただし、付き添い人が必要な方の場合は、付き添い人の交通費も控除の対象となります。
入院患者のお見舞いや世話をしている人は対象になりません。

交通費控除の方法と持って行くもの

病院の領収書は、まとめてノートに糊で貼るなどしますね。
交通費も領収書がある場合は同じように糊で貼るだけですが、領収書がない場合は、交通手段・日付・金額等の内訳を作成する必要があります。
その際、通院履歴の領収書とリンクできるように、まとめると良いでしょう。
それなので、病院名と通院した人の名前も明記してください。
エクセルの表計算を作っておくと、入力するだけなので便利です。毎年の申告時に出力するだけで済みます。
申告時に持って行くものは、病院の領収書と交通費の領収書、そして、エクセルなどで作成した交通費の内訳明細表です。
しかしながら、最近は手続きが簡略化され、医療費と交通費などをリスト化した内訳明細だけでも申告が可能になりました。
ただし、税務署の確認のため必要とすることもありますので、領収書は必ずもらっておき、保管しておきましょう。


この記事をシェアする